国税職員から民間への転職活動~転職エージェントを使い倒す

転職エージェント

そもそも初めての転職だと「どうすればいい?」と困りますし、更に国税職員(公務員)が転職を考えたとき、参考になるような本やブログが少なくて困ります。

一人で企業分析して書類を作って応募して……は大変ですが、転職エージェントを使い倒すことでグンと転職活動が楽になります。

しかも利用無料です

私は新卒で国税専門官になりアラサーで転職し、民間会社の経理になりました。現職中に転職活動をしていたので忙しかったですが、転職エージェントの担当者さんのおかげでスムーズに転職できました。

この記事では、転職エージェントを使い倒してスムーズに転職する方法を書きます。

この記事を読むと、税務職員(公務員)が民間会社に転職するときに、どんなサポートを転職エージェントがしてくれるかが分かります。

結論は、転職活動で重要な自分のスキルの棚卸が、「どうせ公務員の経験は民間会社じゃ通用しない」という考えになりがちです。それが転職エージェントの担当者さんのフォローを貰うことで、汎用性のあるスキルを見つけることができて、それを活かせる求人を見つけられます。

転職エージェントってなに?

転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつです。
求職者(転職活動をしている人)は無料で利用することができ、転職のアドバイスや、非公開求人を含め豊富な求人からその人に合う会社を紹介してくれます。

そしてうまく採用がきまれば、会社が紹介料として転職エージェントにお金を支払います。

全て自分でしたい人にはオススメしません

転職エージェントのデメリットを先にお伝えします。

もし転職活動を自分の手で行いたい場合、転職エージェントはオススメしません。企業への応募を直接自分でやりたいような場合です。

転職エージェントを利用すると、あなたと企業の間に、転職エージェントが入ります。間に誰かが入ることで、「ちゃんと自分の希望が伝わっているか」と不安になりそうであれば自分で応募したり企業とやり取りすることでその不安は解消できます。

もちろん転職エージェントもちゃんとコミュニケーションを取ってくれますが、間に第三者が入ることが嫌だ!という場合、エージェントの利用のメリットは少ないです。

どんなサポートしてくれる?

一人で企業分析して書類を作って応募して……は大変ですが、転職エージェントを使い倒すことでグンと転職活動が楽になります。

非公開求人の紹介

転職エージェントを利用する大きなメリットは、一般非公開の求人も見れることです。企業側が求人を非公開にするのは、たくさんの応募があると捌ききれないためです。転職エージェントから推薦がある人だけの選考を行うことで、採用活動を効率化できます。

転職エージェントに登録し、非公開求人もしっかりチェックしましょう。

書類の添削

応募には履歴書、職務経歴書が必要です。書類選考では特に職務経歴書が見られて、面接に呼ばれるか書類選考落ちかが決まります。なので、あなたの経験やスキルを「面接に呼びたい」と思ってもらえるよう、職務経歴書に書く必要があります。

この職務経歴書の添削や書き方のサポートを、転職エージェントの担当者さんがしてくれます。多くの職務経歴書を日々見ている人から、チェックを受けられるのは大変助かります。

ただでさえ職務経歴書は書きにくいのに、税務職員(公務員)はもっと書きにくい!

税務職員(公務員)の職務経歴書は、書籍やネットにある参考文例がそもそも少なく、業務も民間会社で使えると思えるものが思いつかないのです。

ただ、転職エージェントの担当者さんとの面談を通して、「その経験はこう書けば、企業の採用担当者さんの目に留まりやすいです」といったアドバイスをくれます。

面接後のフィードバック

転職の面接は、2回行われることが多いです。1次面接と、役員も入る2次面接を経て採用というパターンです。

転職エージェントが間に入っていると、1次面接のフィードバックがもらえます。1次面接で企業側の印象はどうだのか、2次面接ではどんなことを重点的に聞かれるのかを転職エージェントが企業に確認し、それをこちら(応募者)にも共有してくれます。

企業によって、転職エージェントによってはこういうフィードバックが無い場合もありますが、ダメもとでも「1次面接のフィードバックをもらいたい」と転職エージェントの担当者さんにお願いしてみると、2次面接が有利になります。

日程調整

面接の日程調整も、転職エージェントが間に入って調整してくれます。企業側と直接やり取りするのは緊張しますが、間に入ってくれるので色々わがままが言いやすいです。

特に税務職員の転職の場合、4月~5月に面接を集中させたいところです。

有給をとった1日に複数の企業の面接をやってもらえるように私は調整してもらいました。

オススメの転職エージェント

大手の転職エージェントは登録しておいて損はないと思います。あとは働きたい分野に強い転職エージェントも登録しておくと良いです。

これから転職エージェントに登録するという方なら最大手のリクルートエージェントに登録してみましょう。

リクルートエージェント

一般公開されていない求人(非公開求人)でリクルートエージェント登録後に見れる求人が10万件以上あります。(2020年8月時点)

そして税務職員にとって転職の候補になりやすい経理職への転職には、MS-Japanに登録することもオススメします。経理、人事、総務などの企業の管理部門に特化しています。

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

管理部門・士業の転職決定率No.1のため、税理士資格や科目合格がある場合もオススメです。税務大学校の専科で学んだこともアピールです。

まとめ

税務職員(公務員)が民間会社に転職するときに、どんなサポートを転職エージェントがしてくれるかを書きました。

非公開求人が見れること、書類の添削、面接後のフィードバック、日程調整を主に書きました。

個人的に一番有難かったのは「書類の添削」です。

税務職員の職務経歴書の書き方なんて、どんな本を読んでも検索しても分からなかったので、転職エージェントの担当者さんにとてもサポートしてもらいました。

転職エージェントに登録したら無理やり転職されそう……と不安になるかもしれませんが、そんなことはありません。「いつか転職するときのために求人を見たい」という理由でももちろんOKですし、「いい求人があれば転職する」というのも何の問題もないです。

リクルートエージェント

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

上記は一例ですが、転職エージェントのサポートを体感してみてください。

タイトルとURLをコピーしました